instagram

【北摂・箕面】勝尾寺南山で楽しむ静かな山歩き

 谷山尾根の途中のベンチからは、箕面の街並みが少しだけ顔を出してくれる。

 ベンチに座って一息つき、そこから見える景色をぼんやりと眺め、しばらくしたらまた歩き出す。混み合う登山道と違い、あたりには僕しかいない。残暑の中、最後の命を燃やしながら力強く鳴くセミの声が聞こえるばかり。地形図を片手に、季節の移ろいを感じながらゆっくりと進んでゆく。こんな静かでスローな山歩きが僕の性に合っている。

三等三角点のある勝尾寺南山

 大阪府・箕面大滝周辺は、ハイカーのみならず多くの観光客が訪れる場所だ。古くは修験道の霊場として、また秋には紅葉狩りの名所として知られている。大阪市内からアクセスもよく、遊歩道が整備された滝道には土産物屋が軒を連ね、手軽に箕面の自然を味わえる。

 しかし、同じ箕面の森でも箕面大滝を少し離れると観光地のにぎわいは消え、緑が色濃い里山の自然が広がっている。観光地の自然とは、またちょっと違った山歩きを楽しめるのだ。

 勝尾寺南山は、その名のとおり箕面山中にある西国三十三所第23番札所「勝尾寺」の南にある小さなピークだ。標高406mの低山の周辺には登山道がいくつも走っており、また地形図や「山と高原地図」に表記されていない道が多数ある。分岐も多く、ルートファインディングの要素を楽しめる穴場のような場所である。

箕面 白姫神社

 白姫神社を出発し、谷山尾根を登ってゆくといくつかの分岐に出合う。分岐ごとに「みのお・G5」「みのお・G3」などと番号が振り当てられており、「みのお山なみネット」から入手できる公式マップで現在地を確認できる。道標には地図も表記されているから、初めて歩く人でも安心だろう。

 みのお・G3の分岐から谷山尾根と別れ、勝尾寺南山へ取り付く。地形図上ではアップダウンのない緩やかな尾根道のように見えるが、実際には隠れピークがあり、初めて訪れたときは僕も騙されてしまった。分岐から15分ほど登れば、勝尾寺南山に到着だ。

みのお・G3には写真のような石柱がある。ベンチもあり休憩にも最適

 山頂には三角点があり、そこはちょっとした広場になっている。ベンチや道標があり、南側の展望が少しだけ開け、千里中央方面の眺めが見える。ベンチに腰かけてゆっくりと昼休憩をとった。

 休憩中、人がいることをあまり気にしないのだろうか、ミンミンゼミやツクツクボーシが僕の目の前の灌木に止まって、大音量で合唱を奏でる。その距離、手を伸ばせば届くほど近く、耳を塞ぎたくなるほどだ。

 後で調べてみると、セミの鳴き声は約70デシベルもあり、これは高速走行中の自動車内に匹敵する音量で、1m以内で大声で話さないと会話ができないレベルだそうだ。セミの小さな体の、一体どこにそんなパワーがあるのだろうか。

 ところでセミは、生でも食べられるそうですね。あんまり大声で鳴くものだから、捕まえて羽をもいで食ってやろうかと思ったが、勇気が出なかった。

箕面 勝尾寺南山
勝尾寺南山からは千里中央方面を望める
今日のお昼はタラコチャーハンだ
僕に食べられず命拾いしたミンミンゼミ

勝尾寺南山から才ヶ原池へ

 勝尾寺南山から、来た道を下り、再びみのお・G3の分岐へ向かう。ここから進路を西にとり、谷山谷を経て才ヶ原池を目指す。このルートは地形図には出ておらず、「山と高原地図:北摂・京都西山」にも記載されていない。不安な人は、公式マップや山地図アプリ「YAMAP」を活用しよう。

 僕はといえば、地形図を片手にルートファインディングを楽しんだ。実際に登山道はあるのだが、地形図上では道のない空白の部分を進んでいる。GPSがアプリに軌跡を残すがごとく、地形図に軌跡を描きながら進んでゆく。さて、この軌跡はどこまで正確だろうか。少しの不安を抱きながら、初見のルートをドギマギしながら歩く。谷山谷へ下り、「みのお・G18」に到着したときにはやはり安心した。地図に多少慣れているとはいえ、初めてのルートは緊張するのだ。

谷山谷、みのお・G18付近
湖面が美しい才ヶ原池

 才ヶ原池に到着したのは15時をまわったころだった。

 才ヶ原は数多くの野鳥が生息し、以前この池でカワセミのダイビングを観察できた。淡水に生息するマミズクラゲも観察できるようだ。池を眺めながら少し休憩し、再び出発。才ヶ原林道を旅館「みのお山荘 風の杜」へと進み、阪急箕面駅へと下山した。帰宅後、地形図に書き込んだ軌跡を公式マップと比べると、概ね正確にトレースできていた。満足、満足。

勝尾寺南山のデータ

Download file: katuojiminamiyama.gpx
  • 標高:406.6m
  • 距離:約7km
  • コースタイム:約3時間
  • コース:白島北(バス)→白姫神社→みのお・G3→勝尾寺南山→みのお・G3→みのお・G18→才ヶ原池→風の杜→阪急箕面駅
  • アクセス・行き:白島北バス停下車、徒歩約10分で白姫神社
  • アクセス・帰り:阪急電車箕面駅
  • 立ち寄り湯:箕面温泉スパーガーデン(https://minoh-spa.ooedoonsen.jp

 勝尾寺南山周辺は、地形図や山地図アプリとともに公式マップが便利だ。「みのお山なみネット|箕面の森ハイキングマップ」から無料でダウンロードできるので、ぜひ活用しよう。

created by Rinker
¥2,090 (2022/07/04 22:29:12時点 Amazon調べ-詳細)