instagram

地形図の磁北線の引き方と、便利な折りたたみ方

 山で使う地図といえば「登山地図」と「地形図」のふたつである。

 昭文社の『山と高原地図』に代表される登山地図は、コースタイムなど登山者に必要な情報を網羅している一方、縮尺が小さく、実際のフィールドで地形を読むには適さない。そこで国土地理院が発行する2万5000分の1地形図が必要になるのだ。

 ただし、地形図は購入してすぐに使えるわけではない。磁北線を書き入れ、使いやすいように折りたたむ必要がある。ここでは三角関数を使った磁北線の引き方と、携帯に便利な地図の折り方を解説したい。日本オリエンテーリング協会ナビゲーションスキル検定保有者が、地形図の魅力について語る。

地形図に磁北線を引く方法

 地形図の上が真北を示すのに対し、コンパスが指すのは磁北である。真北と磁北の7度程度の違いが重大な誤差を引き起こすことがある。したがって、正確なナビゲーションのためには磁北線を引く必要があるのだ。磁北線の引き方でもっとも簡単なのは分度器で角度を測って書き入れる方法であろう。だがここでは、より正確な磁北線を引ける、三角関数を使った方法をご紹介したい。

 三角関数といっても、何も難しいことはない。

  • 地形図の縦(41.8cm)×tanの値=横の長さ

 この公式だけ覚えておけばいいのである。具体的な手順は以下のとおり。

  1. 磁気偏角を確認する
  2. 三角関数tanを使って計算する
  3. 計算をもとに磁北線を引く

磁気偏角を確認しよう

 まずは地域によって異なる磁気偏角を確認しよう。

 日本では、磁北線は西に5〜11度前後の角度に傾く(これを西編という)。地図にはかならず磁気偏角が記載されているので確認してほしい。「岩湧山」では7度20分であった。

三角関数tan(タンジェント)を使って計算しよう

 tanとは三角関数のひとつのこと。直角三角形で、ひとつの鋭角について底辺に対する対辺の比のことである。

 先ほど述べた公式にtanを当てはめてみよう。tanの値はGoogle先生が教えてくれる。検索ボックスに「タンジェント 7度20分」と入力する。するとtanの値は「0.128694……」と答えてくれた。ここでは四捨五入して0.129とする。

  • 地形図の縦AB(41.8cm)×偏角7度20分(tan 0.129)=横の長さBC(5.39cm)

 5.39cmを四捨五入して5.4cmとする。こうして求めた値を直線で結べば、正確な磁北線が引けるというわけだ。

計算をもとに磁北線を引こう

ここでは8cm、2km間隔で磁北線を引いた

 あとはじめに引いた磁北線と並行に、必要な箇所に磁北線を引いておこう。ちなみに2万5000分の1地形図の場合、地図上の1cmは実際の250mであるから、4cm間隔で線を引けば1kmの距離の目安になる。

使いやすい、地形図の折りたたみ方

 『山と高原地図』は携帯しやすいよう折られて販売されているが、地形図は自分で折らなければ、そのままでは使えない。その折り方は多数あり、山の先達方がいろいろと研究されているようだ。僕は以下の方法で折るが、正解はない。いろいろと試してみよう。

 まずは3つの角を折りたたむ。

 続いて地図の余白を折る。

 表面の真ん中が山になるようにジャバラにおり、さらにふたつに折れば、携帯にも便利で、使うときはすぐに広げられるサイズになる。

 地図の名前が表にくるので、どこの地図かも一目瞭然だ。

 さて、地形図を用意したところで具体的な使い方が分からなければ役に立たない。地形図の詳しい読み方や使い方は、こちらの記事を参考に。

折りたたんだ地形図はマップケースに

 地形図は山中でいつでも確認できるよう、ウエアのポケットやサコッシュに収納するのが理想だ。バックパックにしまいっぱなしでは、いつまでたってもナビゲーション技術は身につかない。しかし、裸で収納すると汗や雨でぬれてしまう可能性がある。そこでマップケースを用意したい。

 アウトドア用品店に足を運ぶと、各種マップケースが販売されている。僕も色々と試してみたが、どれも満足のいくものはなかった。地図はフィールドで折り曲げながら使うのだが、市販のマップケースはどれも硬く、折れるようには作られていない。

 マップケースに適したものを探し求めた結果、何のことはない、ただのチャック付きポリ袋に行き着いた。ただしこだわりがあり、厚さ0.08mmの、厚手の袋を使っている。これも何のことはない、オリエンテーリング界のレジェンド・村越真先生が、そう勧めているからだ。ミーハーな理由ではあるが、これが実用性に富んでおり、フィールドで快適に地図を扱える。

 その他、ミルスペック(米軍物資調達規格)に準じた防水・防塵ケース「LOKSAK(ロックサック)」や、デジタルガジェット用の防水ケース、あるいはジップロックなどでもいいだろう。適当なポリ袋に入れて、入口をセロテープでとめる方法もある。

地形図を使うメリットや魅力

 今となっては、山に地形図を携える人は少数派なのかもしれない。地図の役目は既にスマートフォンが取って代わったからだ。それにインターネットが普及した現在、わざわざ紙の地形図を購入せずともWEB地図をプリントすればいい。それでも僕が手間をかけて地形図を用意するのには訳がある。

美しく、等高線が読みやすい

 Macユーザーの僕は、地図ソフト「TrailNote(トレイルノート)」を愛用している。これは国土地理院が公開している電子地図を表示し、縮尺やカラーなどをカスタマイズして印刷できるソフトだ。作図したデーターをプリントすれば、高精彩な地形図がわずかなコストで手に入り、印刷した地図を山に持ち込めば十分実用にたえる。

 が、いくらカスタマイズしても——TrailNote愛用歴はかれこれ5年になる——等高線の読みやすさは市販の地形図にはかなわなかった。

 国土地理院では、2013年11月から「多色刷」の地形図を刊行している。それまでの3色刷に比べて情報量が増え、多彩な色で表現されている。

 陰影のある等高線は美しく、非常に読みやすい。

 地図を読み慣れない人でも、これなら地形を把握しやすいのではないだろうか。オリエンテーリングに使う「O-MAP(オーマップ)」をはじめて使ったときも、その正確さと読みやすさ、色彩の鮮やかさに感動したものだが、色彩豊かな多色刷の地形図も、コレクション用に保存しておきたいと願うほどの仕上がりである。

 もっとも、地形図をコレクションしたいなどと言い出す僕はもうハイカーの領域を越えて、立派な地図オタクなのかもしれない。沼にはまって這い上がれなくなるのも、時間の問題と思われる。

約10.5km ×約13kmの広範囲を俯瞰できる

 地形図の魅力はむろん美しいだけではない。

 パソコンの画面やスマートフォンに表示される地図と違い、地形図は詳細さを保ったまま、広範囲を俯瞰できる。国土地理院の刊行する2万5000分の1地形図では、約10.5km ×約13kmの範囲を、ズーム操作など必要とせず確認できるのだ。

 このことは山岳レジャーでの計画立案や現場でのナビゲーションに大いに役立つ。

 予定のルートを考えながら地形を読み、広範囲を確認しながら周囲の山々との位置関係をつかんでおく。表示範囲が広いと目的地に至る複数のルートも確認できるから、エスケープルートも設定しやすい。地形図にはスマートフォンの地図にはないメリットがまだまだあるのである。

よく出かける山域の地形図は購入しておくべし

 あまり出かけない山域の単発の山行なら、WEB地図をプリントアウトすれば十分だろう。しかしよく出かける山域の地図は、国土地理院の、紙の地形図を購入してみてはいかがだろう。

 すでに述べたように、WEBから印刷した地図より広範囲を網羅でき、山域の概念や登山ルートを把握するのに役に立つ。現場でのナヴィゲーション用としても有能だ。そしてなにより、地形図は美しいと僕は思う。

 地形図は大型書店や登山用品店で手に入るが、求めている図葉が店頭にあるとは限らない。その場合は日本地図センターのネットショップが便利だ。この記事を参考に、ぜひ地形図を使ってみてほしい。

created by Rinker
¥2,090 (2022/01/27 20:04:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
LOKSAK(ロックサック)
¥1,760 (2022/01/27 20:04:07時点 Amazon調べ-詳細)