登山の地図データをスマートフォンに表示させる方法

 スマートフォンが山の必需品になって久しい。紙地図とコンパスの使いこなしは大切な技術だが、タップひとつで登山ルートを表示したり、現在地を表示したりできる登山地図アプリを、もはや使わない手はないのである。

 その登山地図アプリに、計画した登山ルートを表示できれば、現地でのナビゲーションがより確実になる。ここでは、登山計画作成サービス「ヤマプラ」で作成した地図データを、スマートフォンの登山地図アプリに表示させる方法を詳しく解説したい。

ヤマプラで作成した地図データを活用しよう

 事前に計画した登山ルートをスマートフォンに表示できれば、現地でのナビゲーションがより便利に、より確実になる。山岳遭難の原因別1位である「道迷い」のリスクを大幅に軽減できることだろう。そこで、登山ルートの地図データ作成に活用したいのがヤマプラである。

 ヤマプラとは、株式会社ヤマレコが運営する登山コミュニティーサイト「ヤマレコ」の、登山計画作成サービスのことだ。登山ガイド地図のベストセラー『山と高原地図』に収録されているコースの中から、ポイントをクリックしていくだけで、簡単に登山計画が作成できる。

 作成した登山計画は、ヤマレコユーザーやSNSの他、メールで共有したり、計画をもとに登山計画書を作成したりできる。作成した登山計画から地図データ(GPXファイル)をダウンロードし、登山地図アプリに表示することもできる。ヤマプラでは紙のガイド地図や地形図からコースタイムを計算するのと比べ、はるかに簡単に登山計画の作成や共有ができる。登山愛好家やハイカーなら、ヤマプラの使い方を覚えておいて決して損はないだろう。

登山計画と地図データの作成方法

 まずヤマプラにアクセスする。すると以下の画面が表示されるので、「地図を選んで開始」をクリックしよう。

 登山計画を作成できる山域の一覧が表示される。その中から目的地の地図を選ぼう。ここでは一例として、九州・鶴見岳への計画を立てる。

 地図を選ぶと山と高原地図が表示され、この地図を使って登山計画を作成する。最初に決めるのはスタート地点だ。地図上の白丸の中から、任意のスタート地点をクリックしよう。これでスタート地点が決定し、右サイドバーの行程表にも表示される。後は目的地まで地点をクリックしていけばルートのできあがりだ。

ここまででルートは作成できた。あとは右サイドバーの「行程表」を編集する

 今回はスタート地点から鶴見岳のピストンコースを計画した。ゴール地点を決定するとルートは完成する。次は、右サイドバーの行程表を編集しよう。

 行程表では登山のペースやスタート時間、チェックポイントでの休憩時間などを編集できる。まずはスタート時間と倍率を決定しよう。倍率とは、山と高原地図の標準コースタイムに対して、何倍のペースで行動するか、ということだ。通常は標準コースタイムの1倍で問題ないだろう。もし不安がある場合は標準の1,25倍や1.5倍などゆっくりしたペースを。スピードハイクやトレイルランニングでは0.6倍などの速いペースを選ぼう。

 ペースを決定したら、チェックポイントごとの休憩時間を設定しよう。おすすめは、1時間おきに10分の休憩をはさむこと。昼休憩は30〜60分を目安にするといいだろう。登山ルート、行動ペース、休憩時間を編集できたら登山計画の完成だ。保存→山行計画を作る/GPXを書き出し→GPXファイルをダウンロードと進もう。

「GPXファイルをダウンロード」をクリックすると、PCにデータを保存できる

 これで登山ルートのデータが保存された。次はそのデータをスマートフォンに表示させる方法を解説する。

地図データを登山地図アプリに表示させる方法

 ヤマプラで作成した地図データはGPXファイルとして保存でき、スマートフォンやPCの地図ソフトで表示できる。ここでは都合上iPhoneとジオグラフィカで解説するが、他のスマートフォンや登山地図アプリでも操作に大きな違いはない。ぜひお手元の環境で試してみてほしい。

 GPXファイルとは、GPS(全地球測位システム)のルート情報のやり取りをする、標準的なファイル形式のことだ。拡張子は.gpxであり、ウェイポイント(地点)とトラック(軌跡)の情報で構成されている。近年はスマートフォンやGPSウォッチの普及により、登山の他にランニングやサイクリングの記録のやり取りにも活用されている。

GPXファイルを登山地図アプリに読み込む手順

 まず、PCに保存したGPXファイルをスマートフォンに転送しよう。その方法はメールやクラウドサービスの利用など何でもいい。スマートフォンに転送できたら、後はそのGPXファイルを登山地図アプリで読み込めばOKだ。下の写真は、iPhoneに先ほどのGPXファイルを保存した状態である。

 このファイルを選択し、登山地図アプリに共有しよう。ここではジオグラフィカを使用する。

 ファイルを共有し、ジオグラフィカが起動すると以下の画面が表示されるので、「はい」を選択しよう。

 これでGPXファイルがジオグラフィカに保存された。そして、そのファイルを表示するかどうか問われるので「はい」を選択する。これで、ヤマプラで作成した登山ルートがスマートフォンに表示できる。

 地図とコンパスの使いこなしも大切な技術だが、現代の山歩きにスマートフォンを活用しない手はない。スマートフォンに、事前に計画した登山ルートを表示し、現地でのナビゲーションに活用すれば、道迷いのリスクを軽減できる。今回はヤマプラで登山計画を作成し、iPhoneのジオグラフィカに表示させる方法を解説した。アンドロイドスマートフォンや他の登山地図アプリでも操作方法に大差はない。ぜひ試してみよう。

参考サイト & 書籍

created by Rinker
¥2,090 (2021/12/05 10:45:38時点 Amazon調べ-詳細)