ファーストエイドキットの中身|これだけは加えておきたい最低限の装備とは

 数年前、兵庫県・六甲山でうつむき加減に手を押さえながら歩いてくる男性に遭遇した。よく見ると手から出血しており、話を聞くとイノシシにかまれたらしい。幸いにも軽傷であったため、応急手当てで事無きを得た。

 山は素晴らしい場所だが、同時に恐ろしい場所でもある。山遊びはそうした危険な場所に積極的に乗り込むわけだから、起こりうる危険に対した備えは十分にしておきたい。

ファーストエイドとは

 ファーストエイドとは応急手当のことである。起きたケガやアクシデントに対して、それ以上状態を悪化させず、現状を維持しながら医療機関に引き継ぐためのものだ。決して治療や医療行為ではない。手順はマニュアル化されており、それに従えば素人でも行える。そのため自動車教習所の講義や商業施設の防災訓練カリキュラム(心肺蘇生法やAEDの扱い方など)にも取り入れられているのだ。

ファーストエイドキット

 しかし、正しいファーストエイドの手順を覚えても、適切な応急処置を施すには道具が必要である。それがファーストエイドキットだ。ファーストエイドキットには種々の道具がセットになった市販品もあるが、中身は必ず自分で組むこと。使い方が分からない、もしくは使いこなせない物を持ち歩いても意味がないからである。これから紹介するものは最低限のキットであり、一例にすぎない。起こりうるトラブルを予想して、各自で必要なものを携帯しよう。想像力を発揮し、そして臆病であること。

ファーストエイドキット専用ポーチ

ファーストエイドキット
山行形態によりいくつかのポーチを使い分けている。ポーチの色を赤と決めてしまうのもひとつの方法だ

 ファーストエイドキットはなるべく専用ポーチを使用し、一目でそれと分かることが大切だ。それは自分以外の人が使う可能性があるためで、緊急時にバックパックの中を探し回る余裕はない。できれば防水ポーチが好ましいが、そうでなければ防水対策は必須である。ポーチ本体、あるいは救急用品を個別にナイロン袋などに梱包しておこう。

医療用手袋・防水パック

ファーストエイドキット

 血液や体液による感染症を防ぐため、直接血液に触れないように手袋を用意したい。医療用のものがベストだが、僕は食品用の衛生手袋で代用している。ファスナー付きナイロン袋は水入れ、防水、密封などさまざまな用途に使えるので、2〜3枚携帯している。

絆創膏・傷用防水フィルム・ガーゼ

ファーストエイドキット

 すり傷や切り傷に使用する。以前は、傷は乾かせといわれていたが、現在では傷用防水フィルムを使い、傷の治りを待つ湿潤治療が一般的だ。絆創膏の他に、湿潤治療用のハイドロコロイド包帯を携帯している。

 ハイドロコロイド包帯は大判の傷用防水フィルムで、傷の大きさに合わせてカットして使う。大小複数枚のフィルムを用意するよりかさばらず、経済的なのでおすすめだ。止血に使うガーゼは擦りむきやすい膝や肘に対応できる各種サイズを携帯している。

テーピングテープ 

ファーストエイドキット

 テーピングテープはキットの中でも出番が多い。靴擦れの防止や筋肉のサポート、緊急時のガムテープ代わりと多用途に使えるため、トレイルランニングレースの必携装備に加えられることも珍しくない。伸縮テープと非伸縮テープの2種類を用意し、複数本用意しておくと安心だ。傷に当てた保護ガーゼの支持、固定、止血などにも使える。

三角巾

ファーストエイドキット

 三角巾は汎用性が高く、止血や患部の固定とさまざまな使い道があるので、最低1枚は用意したい。手ぬぐいやバンダナなどの、清潔な布であれば代用可能だ。

ポイズンリムーバー

ファーストエイドキット

 毒虫や毒ヘビにかまれた場合に使用する。幸いまだ出番は一度もない。ハチやヘビの活動が活発になる春から秋にかけて、ポイズンリムーバーは必携である。

ハサミ・とげ抜き・爪切り

ファーストエイドキット
ブーツのつま先が当たって痛いとき。それは爪が長すぎることが原因の場合も。爪切りがあればその場で処置できる

 衣類もカットできる医療用ハサミがベターだが、普通のハサミ、もしくはアーミーナイフのハサミで代用している。アウトドアで意外と多いのが、トゲが刺さることだ。少々高価でもなるべく精度の高いとげ抜きを用意したい。

解熱鎮痛剤・虫刺され薬、ワセリンなど

ファーストエイドキット

 胃腸薬や虫刺され薬、解熱鎮痛剤、コンタクトレンズの予備など、各自が必要なものを用意しておこう。とくに虫刺され薬はぜひ携行したい。山の虫刺されは侮れないのだ。

サバイバルシート

ファーストエイドキット

 アルミを蒸着したシートで、放出される体温の90%を反射でき、緊急時の体温低下を防げる。軽くかさばらないため常に携帯しておきたい。

緊急対応マニュアル

ファーストエイドキット

 僕が参考にしているのは、エイ出版社『アウトドア緊急マニュアル』と山と溪谷社『レスキューハンドブック』の2冊である。どちらも丈夫なカバーが付属しており、野外に持ち出しても安心だ。どちらか1冊をバックパックに忍ばせている。

出血やケガ、毒虫に刺された場合の対処法

 小さなケガや出血、毒虫に刺された場合の対処法を解説しよう。いずれも日本赤十字社、エイ出版社『アウトドア緊急マニュアル』山と溪谷社『レスキューハンドブック』など、信頼のおける情報を元に記載しているので参考にしてほしい。

止血の方法|直接圧迫止血法

 出血を伴うケガを負った場合、以下の方法で止血を施そう。

出血している傷口をガーゼやハンカチなどで直接強く押さえて、しばらく圧迫することで止血を行います。この方法が最も基本的な止血法であり、多くの出血は、この方法で止血できます。

引用:日本赤十字社

擦り傷や小さなケガには湿潤療法

 小さな切り傷や擦り傷には、傷用防水フィルムで対応しよう。

近年、自然治癒力に着目した、「キズをしっかり覆い、潤い(体液)を保ってきれいに治す」モイストヒーリングというキズケアが広まってきています。

引用:BAND-AID

 傷口には消毒液や軟膏は付けすぎないほうがよいとされている。そのため現場では清潔な水で洗い流すことにとどめ、傷用防水フィルムを貼って傷口を保護しよう。

毒ヘビにかまれた・ハチに刺された場合

 日本にはハブ類・マムシ・ヤマカガシの3種類の毒ヘビが生息している。これらのヘビはハブを除いて臆病な性格であり、積極的に人を襲うことはない。

 厄介なのはスズメバチだ。強い毒性を持つオオスズメバチと、攻撃的なキイロスズメバチにより、年に30〜50人が命を落としている。とくに2回目にハチに刺された場合、ハチ毒によるアナフィラキシーショックを起こすことがあり、最悪の場合は呼吸困難を引き起こす。

 対処方法はヘビもハチも同じ。とにかく近づかないことだ。さらにハチは黒いものを襲う習性があるため、なるべく黒い衣服の着用も避けたい。

 万が一ヘビに噛まれた、ハチに刺された場合は、ポイズンリムーバーで毒液を吸い出し、速やかに医療機関で治療を受けること。毒ヘビの場合は血清の投与など適切な治療をしないと、死亡する危険がある。

 自然や山は素晴らしいが、やっぱり怖い場所でもある。知れば知るほど素晴らしさと同時に怖さも理解し、装備選びや計画は慎重に行うようになった。

 だからといって必要以上に怖がることはない。頭の片隅にほんの少しの警戒心を用意して、あとは思いっきり楽しみたい。少しの警戒心を形にしたものがファーストエイドキットであり、他には登山届けの提出などもそうだろう。この記事がアウトドアを事故なく楽しめることに、ほんの少しでも役に立てばうれしいと思う。

created by Rinker
山と溪谷社
¥1,320 (2021/12/05 03:12:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
deuter(ドイター)
¥2,750 (2021/12/05 10:59:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
瑞光メディカル
¥1,070 (2021/12/05 03:12:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
白十字
¥265 (2021/12/05 03:12:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ドクターヘッセル
¥963 (2021/12/05 10:59:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥649 (2021/12/05 10:59:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
田辺三菱製薬
¥1,481 (2021/12/05 12:05:14時点 Amazon調べ-詳細)